*趣味どきっ!最短マスター!日本のボードゲーム囲碁将棋(NHK-Eテレ 11月1日)

出演:川村文乃さん、川名凜さん、平山遊季さん

講師:都成竜馬さん

オープニングMCは平山さん。

平山 「YO!YO!YO! 将棋をしてて困ったなっていう場面あるだろ?文乃、Say!」

川村 「なかなか王手をかけられない時?」

平山 「OK、OK、ネクストなりんCome on!」

川名 「最初の一手をどうするかですかね」

平山 「そんな悩みを全て解決してくれるのがそう”もちごま!”。そうだろブラザー!」

都成 「ちょっと違いますね(笑)」

川村 「違うって」

平山 「(落ち込む)」

今回のテーマは”持ち駒を使おう”。駒を全て使って先手・平山 VS 後手・川名で対局。今まで最も激しい戦い。序盤の平山さんの猛攻を凌いだ川名さんが逆転勝利。王手になっていることに気づかず玉を取られてしまった。

平山 「もっと視野を広くしたら良かったなって思いました」

川名 「やっぱり持ち駒の多さが安心感と」

平山 「ありますね」

川名 「なんか、いい感じに攻められたんじゃないかなと思うので楽しかったなって思いました」

1分プレゼンは平山さん。豊臣秀吉徳川家康の将棋にまつわる話を紹介しました。

 

*Artist#18File(東京MX 11月1日)

出演:小片リサさん

・初めて買ったCD

「人生で初めて買ったCDは映画GANTZサウンドトラックです。私は少年マンガだったりとか映画を観ることが凄く好きなんですけど、その当時GANTZをマンガとか映画で観ていて背景でずっと鳴っているBGMがあまりにも格好良過ぎて初めてそこでその音だけ、歌の無い音だけを好きになるっていう経験をしたのでそれが私にとって初めて音楽をちゃんと音楽として考えるきっかけになったのかなあと思ってます」

 

・転機になった1曲

「私の転機になった1曲は『残酷な天使のテーゼ』です。エヴァを好きになったきっかけがまず『残酷な天使のテーゼ』を聞いたことだったんですよ。友達とかとカラオケに行ったりする時とかは必ずこの『残酷な天使のテーゼ』を歌っていて、1回につき1曲ではなくて、1回につき何十回も友達が他の楽曲色々歌っていても私はずっと『残酷な天使のテーゼ』をリピートするっていうぐらいもう本当にハマっていた時期がありまして、どんどんみんな覚えてくれたので私は上手い具合布教できたかなと。後半のほうはもうみんなで一緒に歌うみたいな感じで楽しんでました」

 

・音楽的なクセ

「ちょっと恥ずかしい話なんですけど、歌っている時に私口の乾燥が気になって唇を舌で舐めてしまう癖があるんですよ。普段ライブを観に来て下さっているファンの方からもよくそういう風にやっているっていう風に指摘されるので、もうやめたいっていう風にずっと思ってまして(笑)。でもなかなか無意識なのでやめられず。でもライブをやっている時は常に頭の中の10%、20%ぐらいはその「絶対やらないぞ」って気持ちでいっぱいになっていて。ライブも勿論パフォーマンスのことも意識しているんですけどそういうことも頭の片隅に置きながらパフォーマンスをしています」

 

・度肝を抜かれた曲

「back numberさんの『怪盗』という楽曲です。普段私が音楽を聴いている時って歌だけじゃなくてメロディーだったりコーラスとか、もう一つ一つ聴いていたらどれも凄すぎて。最近『怪盗』を聴く時イントロの冒頭5秒が凄すぎてなかなか歌に進めないぐらいケータイをずっと片手に持って最初の5秒が流れたらもう1回っていう風に巻き戻したりして(笑)。歌を聴きたいのになかなか先に進めないっていうぐらい魅力が詰まり過ぎてる1曲で本当に度肝を抜かれました」

 

「私の十八番歌はback numberさんで『水平線』です。今年のback numberさんのライブツアーの中で感動したなと思った曲なので今回選ばせて頂きまして、ミュージックビデオだったりとかで物を捨てて行くっていう演出があり、ライブでは物を拾っていくっていう繋がりがあったりしてそこを見せる力が凄いなって感動しまして是非私なりの解釈ではあるんですけど皆さんにも聴いてもらいたいなっていう風に思って今回選曲させて頂きました」

 

モーニング娘。'22・BEYOOOOONDS秋ツアー終了

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

モーニング娘。’22(@morningmusume_official)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BEYOOOOONDS(@beyooooonds_official)がシェアした投稿

 

*田代すみれさん近影

ただいま! 田代すみれ | OCHA NORMAオフィシャルブログ Powered by Ameba

綺麗。魔力を感じる黒い瞳にドキドキします(@_@)

*昨日Juice=Juice日本武道館公演中止

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

5名が新型コロナで陽性反応ということで中止に。日本武道館公演が中止になったのは初めて。感染者が増えてきてるしインフルエンザの季節でもあるからいつかはこういう事態も起きるだろうと思ってましたが実際にその時を迎えるとやはり寂しいです。誰が悪いというわけでなく病を憎んで人を憎まず。全員健康を取り戻していつかまた果たせなかった夢を実現して頂ければと思います。

感染された方々に心よりお見舞い申し上げます。中止によって対応に追われるスタッフの皆さん本当にお疲れさまです<(_ _)>

 

ちょっと機敏な動きになっちゃう

おはスタテレビ東京 11月1日)

出演:後藤花さん

後藤花さん、河村かほさん、土方エミリさんが考案した新衣装で3人全員スタジオに登場。後藤「私のお気に入りはこのブレザーキラキラになっているところです。ラメが入ってます」。

 

*沼にハマってきいてみた(NHK-Eテレ 11月1日)

出演:野中美希さん

MC:DJ松永さん、サーヤさん

オーケストラの特集。

サーヤ 「野中さんクラシック好きなんですってね」

野中 「そうなんですよ。私ピアノをやっているんですけど、クラシックがきっかけでピアノを始めたっていうぐらいクラシック大好きです」

 

音楽系部活あるあるの”マーチングでは、肩が揺れないような滑らかな歩き方をしたり、基本的に1歩を62.5cmで歩くため、ふだんも無意識にその歩き方になってしまう!”というのが紹介されたあと、

野中 「マーチングバンド部、歩幅あるある面白いなって思いましたね」「モーニング娘。も私達ダンスをやるのえ、なんか私生活でもちょっと機敏な動きになっちゃう、みたいな」

松永 「へえー」

サーヤ 「キレが凄いもんモー娘さんは。それが出ちゃうんだ普段」

野中 「くしゃみとか(→上半身を俊敏に動かして)クシュン!みたいな。キレキレにみんな。クシャミして(笑)」

 

野中 「ベートーベンの『運命』私も好きなんですけど、好きなエピソードがあって、ダダダダーンの最初って休符なんですよ」

松永 「休符(笑)」

サーヤ 「沼ってる」

野中 「インタビューとかでベートーベンが心の扉をノックするみたいな意味でダダダダーンってやってるって仰ってて」

サーヤ 「へえー」

野中 「その休符が(→腕を振り下ろす仕草)この助走なのかなって」

サーヤ 「あ、助走の」

野中 「っていうエピソードが凄い好きなんです」

【強豪校が生演奏!】オーケストラの魅力をたっぷり!未放送の演奏&トークをお届け!ゲストは、モーニング娘。'22・野中美希(沼ハマ・NHK公式/NABE) - YouTube

 

*後ろ髪を巻き合うBitter & Sweet

長い間いつも2人で活動してたら喧嘩とかあってもおかしくないけど田﨑さんと長谷川さんはずっと仲良し。素敵なハーモニーにも二人の関係性が表れてる気がします。

 

VOCE 米村姫良々さん

OCHA NORMA【米村姫良々】大人きららに変身! 研修生時代、メンバーとのデビューまでの道のり【VOCE×ハロプロ #ハロビュー】|美容メディアVOCE(ヴォーチェ)

遂に姫良々ちゃんもファッション系のサイトに出るようになった。目が大きくてハッキリした顔立ちだからコスメのお仕事増えるかもしれませんね。
 

*BEYOOOOONDS秋ツアー終了

秋ツアーありがと!一岡伶奈 | BEYOOOOONDS CHICA#TETSUオフィシャルブログ Powered by Ameba

無事、完走‼️ 高瀬くるみ | BEYOOOOONDS 雨ノ森 川海オフィシャルブログ Powered by Ameba

秋ツアー千秋楽! 平井美葉 | BEYOOOOONDS SeasoningSオフィシャルブログ Powered by Ameba

12人全員揃って完走おめでとう。長引くコロナ禍でなかなか思うようなツアーができない中での全員健康なままでの千秋楽は嬉しかったと思います。これからもお体に気をつけて頑張ってください!!
 

愛媛 ʚ♡ɞ 前田こころ | BEYOOOOONDS 雨ノ森 川海オフィシャルブログ Powered by Ameba

ゆはここ。上次元(?)の可愛さです(^_^) 

イケメンぐり奏美

*ハロドリ。(テレビ東京 11月1日)

今週からナレーターが櫻井孝宏さんから鈴村健一さんに変わった。

OCHA NORMAは9月上旬『運命 CAHCAHCHACHA~N』の振り入れ。この曲は男役と女役のカップルになってパフォーマンス。ハロプロには男役がある楽曲が時々あって、皆さんやはり苦労している様子ですね。生まれてからずっと女性として生活してきて、いきなり男性の気持ちになって振る舞ってくださいと言われても難しいのは当然。『Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~』の吉澤ひとみさんも振り付けの先生から「男の気持ちになって本気でメンバーを好きになりなさい」と言われて「でも私、女なのに女の子を好きになるってどうすればいいんだろう」と戸惑ったと語ったことがありました。

 

10月23日イオンモール幕張新都心で初披露。

石栗 「この『運命 CAHCAHCHACHA~N』という楽曲はOCHA NORMA10人が5人ずつボーイッシュとガーリーに分かれていてお互いにボーイッシュとガーリーがぺあを作っている曲で、私はこの地球一、世界一可愛いキュルルンななみん窪田七海ちゃんとペアを組めるということで私もそのキュルルンさに負けないようにイケメン・・・イケメンぐり奏美で頑張りたいと思います」

窪田 「私の必殺技キュルルンッビーム!が曲中に入っているので皆さんをメロメロにしたいと思います。頑張りまーす」

 

北原 「2回目のサビにある私が歌ってるパートなんですけどその時に広本瑠璃ちゃんの手を引っ張って歌ってるんですよ。そこのとこが注目ポイントかな」

広本 「イケメンももさんを見て下さい」「最後に私は歌ってももとクルッと入れ替わってももと歌うっていうところも注目して見てほしいです」

 

斉藤 「私達は楽曲中に手を繋いだりクラッていうのはないんですよね」

中山 「確かに」

斉藤 「そう、ないんですけど、でもやっぱり最初のペアダンスとかが結構お互いの目をちゃんと見てて。ね、本当に照れるよね」

中山 「身長が同じぐらいなので目線が合うんですよ(笑)」

斉藤 「そういう風になんかダンスのところとかで結構お互い見つめ合ってるのでそういうところ見てほしいなって思います」

 

田代 「メンバーカラーが似てるので二人で踊るところがあるんですけど、そういうところがなんだろう・・・」

西﨑 「色が、メンバーカラーだけじゃないんですけど魅力は。1番のスタートはそこなんですよ」

田代 「ね。(※聞き取れず)で」

西﨑 「(笑)。いや他にもあるよね。あるよね。いっぱいあるけど有り過ぎて出てこないってことだよね」

田代 「うん」

西﨑 「そう、そうなんだよ1番はメンバーカラーのパープル同盟を見て下さい」

 

米村 「見せ場は曲が始まってすぐのところで私のソロパートがあるんですけどそこで筒井澪心ちゃんにアタックするところがあるので振り付けで。そこに注目して頂けたらなって思います」

筒井 「やっぱり1番最初から最後まで二人は熱々なのでそこを見て頂きたいなと思います」

米村 「OCHA NORMAの曲の中では初めてラップに挑戦するんですけど凄い難しいので1回1回成長できるようにというか、色々吸収して成長していけるように頑張りたいと思います」

そしていよいよ本番。米村さんは出番直前ラップをマイクでするとレコーディングの時と感覚が違うことへの不安を口にした。「できるだけ落ち着いて練習の時のようにできるように頑張ります」。

『ウチらの地元は地球じゃん!』『Go Your Way』『素肌は熱帯夜』『この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』のあと『運命 CAHCAHCHACHA~N』。

ももちゃんの伸びのある歌声が素晴らしい。

姫良々ちゃんのポーテール最強。

すみれちゃん歌上手くなったなあ。

 

斉藤 「『運命 CAHCAHCHACHA~N』初披露が終わりましたー(拍手)」

全員 「イエーイ!(拍手)」

斉藤 「初披露をね窪田七海ちゃんの地元千葉県だったんですけどどうでしたか?」

窪田 「そうですね私のキュルルンな地元千葉県で初めてお披露目をすることができて本当嬉しいんですけど、私は特に千葉県にキュルルンビームがこの曲の中に入ってるんですけどそれを披露できたっていうのが本当に嬉しくって、OCHA NORMAが今まで歌ってきた曲とはまた違かったので皆さんもなんかワクワクした感じでたぶん見て頂けれたんじゃないかなって思うのと、初めて聴いたのに皆さんクラップしてくれたっていうのが本当に嬉しくて、今後私達が成長していくのを皆さんにまたお見せできたらいいなと思います」

斉藤 「ありがとうございます。そしてですね11月30日セカンドシングル発売日に池袋サンシャインシティ噴水広場にでリリースイベントが開催されることが決定しました!(拍手)」

全員 「イエーイ!(拍手)」

斉藤 「東京都ということで地元のももちゃん」

北原 「そうですね池袋サンシャインシティ噴水広場は私にとって凄く憧れの場所だったのでこの新曲発売日当日にイベントができることを凄く嬉しいですし、やっぱり地元東京なので私の地元じゃんっていうことで凄く嬉しいので10人で力を合わせて頑張りたいと思います」

斉藤 「はい、ありがとうございます。まだまだリリースイベントは続いて行きますのでよろしくお願いします。以上・・・」

全員 「OCHA NORMAでした」

 

9月に行なわれたハロプロ研修生FCイベントでパフォーマンスした『色とりどり伸びよ!!』を放送。全員デビューして欲しいですし、もし研修生を終了して引退したとしても幸せな人生を歩んでほしいと心から思います。

 

*OCHA NORMAツアー開幕

愛知!初日!斉藤円香 | OCHA NORMAオフィシャルブログ Powered by Ameba

 

ツアー初日 米村姫良々 | OCHA NORMAオフィシャルブログ Powered by Ameba

こういうケーキって結構値段髙いですよね。凄く綺麗だから食べるのが勿体なく感じてしまいます。

 

山岸理子さんバースデーイベントを野村みな美さんが観覧

"込めたおもい"山岸理子 | つばきファクトリー オフィシャルブログ Powered by Ameba

2公演とも観て帰ったとか。写真はないけど元気そうで良かったです。 

 

田中れいなさん誕生日を譜久村聖さんと生田衣梨奈さんがお祝い

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田中れいな(@tanakareina.lovendor)がシェアした投稿

珍しい組み合わせ。珍しい写真の構図。

佐藤優樹さんCM出演

*ミュージックブレイク(テレビ東京 10月28日)

出演:青柳佑芽さん

ゲスト:Devil ANTHEM.の橋本侑芽さんと竹越くるみさん

青柳 「公表してないちょっとした秘密とかこれを機にありますか?」

竹越 「えっとですね私は夜仕事が終わって帰る時に、家までの帰り道で誰もいない時なんですけど、ちょっと右足と右手を一緒に同時に歩きながら普通に歩けるかなって思いついて実践してしまったりとか」

青柳 「(笑)」

竹越 「あとはなんか例えば新曲の振り付けのレッスンの帰り道だったら、音楽を聴いてなくても(街から)流れて来るじゃないですか。で、勝手に練習し始めたんです。で、普通にこんなやったりとか(←手を大きく振る)しながら」

青柳 「(笑)」

竹越 「めっちゃ大きいフリをやりながら帰るんですよ。なんかでもこれ自分の中では普通だったんですけど、友達歩いてる時もこれをやるので「キモイよ」って言われて」青柳&橋本 「(笑)」

竹越 「「あ、そっか」ってなって」

青柳 「新曲踊りながら帰るって結構あるあるじゃないですか」

竹越 「(侑芽ちゃんは)やらない?」

橋本 「やらないです」

青柳&竹越 「(笑)」

橋本 「もう無ですね帰る時は」

青柳 「ちょっとね新曲の振り入れの帰りとかは踊っちゃう」

橋本 「そうなの?(佑芽ちゃんと侑芽ちゃんは)似てるのかもしれない(笑)」

青柳&竹越 「(笑)」

 

橋本 「私は最近ヲタ活を始めまして、ファンクラブにもこの前入ってそのアイドルさんの曲を毎日聴いたり、そのアイドルさんが出てるテレビを毎日チェックするようになったっていう」

青柳 「おー」

橋本 「なんかそれを始めてから凄い毎日楽しいと思えるようになって、やっぱアイドルの力って凄いんだなっていう」

青柳 「いいですよね推しは」

橋本 「推しは大事ですから」

青柳 「推しは生活を豊かにします」

橋本&竹越 「(笑)」

 

青柳 「ということで今週のゲストはDevil ANTHEM.の皆さんでした。ありがとうございました」

橋本&竹越 「ありがとうございました」

 

*こちら「トレンディマーケット」編集部(日本テレビ 10月30日)

出演:稲場愛香さん

市川紗椰さんと電動キックボードLUUPを取材。Luup広報の方から利用方法などを教わってから市川さんが試乗。帰って来た市川さんをまなかんは「お帰りなさいませ」と言ってお出迎え。続いてまなかんは電動自転車を楽しそうに運転。「楽しかった~!」。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

稲場 愛香(@manaka_inaba.official)がシェアした投稿

 

おはスタテレビ東京 10月31日)

出演:後藤花さん

SPY×FAMILYのアーニャの人形が入ったクレーンゲームに挑戦して1分以内に取るミッションに挑戦したら1回で成功。上手だね(^^)v

 

植村あかりさん・石山咲良さん・遠藤彩加里さんインタビュー

ハロプロ随一のボーカル力、Juice=Juice変化と成長の今「卒業、加入の循環が大きな実りに」 | WEBザテレビジョン

 

コーチャンフォーグループCM 佐藤優樹さん

まーちゃんの知名度upに繋がると良いなあ。コーチャンフォーは先日の『ふるさとの未来』で特集が組まれてましたね。

 

*松本わかなさんのベーグル

紅茶とりんご 松本わかな | アンジュルムメンバーオフィシャルブログ Powered by Ameba

美味しそう。わかなちゃんの料理は見た目が良くて食欲をそそられます。

*関内エビル(tvk 10月28日)

出演:佐々木莉佳子さん

エ・ビルの声は柏木ひなたさん

佐々木 「こんばんわー。あ、こんにちは?こんばんわ?(笑)。あ、誰もいなんですね。誰もいない」

エ・ビル 「あんた!あんた?」

佐々木 「はい(笑)」

エ・ビル 「遂に来たんだね」

佐々木 「来ました。初めまして」

エ・ビル 「待ってた。じゃあ色々奥の席でお話しよう」

佐々木 「はい」

エ・ビル 「じゃあ奥の席に向かってって」

→奥の席へ歩いて行く

佐々木 「はい(笑)。どうも」

エ・ビル 「じゃあまずは私が自己紹介するわね」

佐々木 「はい」

エ・ビル 「私の名前はエ・ビル。エ、中黒、ビルでエ・ビル。あなたも自己紹介してくれる?」

佐々木 「はい、アンジュルム佐々木莉佳子でーす。イエイ!(笑)」

エ・ビル 「よろしくね」

佐々木 「お願いします」

エ・ビル 「もう、ちょっと莉佳子ちゃんとかちょっと逆に恥ずかしいからもういいよね。いいかなリカ」

佐々木 「(笑)」

エ・ビル 「もういいかな」

佐々木 「いいよ」

エ・ビル 「リカね」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「あなたといえばエビ中柏木ひなたちゃんと凄い仲良し」

佐々木 「はいはいはい」

エ・ビル 「みたいなの聞いたんだけども」

佐々木 「そうです。ズッ友って感じ」

エ・ビル 「ズッ友?」

佐々木 「(笑)」

エ・ビル 「ズッ友だよね」

佐々木 「そうズッ友なんです」

エ・ビル 「本当に初めて会った時から「え?初めましてですか?」みたいな。逆にねなんか気が合い過ぎて」

佐々木 「あれ?ひなですか?」

エ・ビル 「って聞いたの」

佐々木 「聞いたんだよね。そうそう」

エ・ビル 「ひなたちゃんから莉佳子ちゃんのお話は聞いて」

佐々木 「(笑)」

エ・ビル 「るから、凄い本当に明るくっていつも楽しませてくれて、なんかリカといるといつも本当に笑顔でいられる自分がって言ってた」

佐々木 「言ってた?(笑)」

エ・ビル 「言ってた」

佐々木 「ありがとう」

エ・ビル 「ちなみにリカから見たひなたちゃんはどうなの?」

佐々木 「凄くしっかりしてそうなんだけど」

エ・ビル 「(笑)」

佐々木 「やっぱ抜けてるとこもあるし(笑)」

エ・ビル 「どこ!?」

佐々木 「自由人だなって思う、かも」

エ・ビル 「えええ!?」

佐々木 「でもプロだなとも思う」

エ・ビル 「プロだなと思う」

佐々木 「うん、仕事になとね」

エ・ビル 「あ、でもそれはあなたも一緒でしょ」

佐々木 「違う(笑)」

エ・ビル 「そういえばあなたはさあ翔陽とご飯一緒に食べに行ったりしてるよね」

佐々木 「うん、ついねこの間もしたね」

エ・ビル 「一緒にいてなんか記憶に残っている面白いこととかある?ご飯の時」

佐々木 「(笑)。お互い私とひながねお互いのことを好き過ぎてなんか他のメンバーに取られたくないみたいな(笑)」

エ・ビル 「(笑)」

佐々木 「気持ち悪い内容を話したのをめちゃくちゃ覚えてて」

エ・ビル 「そうだ。言ったね」

佐々木 「そう。二人だけなのにそういう会話するんだ、みたいな」

エ・ビル 「お互い他のなんかねグループのメンバーと一緒に話してるとちょっとモヤモヤしちゃうみたいな(笑)」

佐々木 「え?みたいな感じ」

エ・ビル 「そうズッ友だもんねひなたちゃんとは」

佐々木 「そうそうそうズッ友ってやっちゃってるからステージ上で」

エ・ビル 「そう、それがアンジュルムエビ中の対バン」

佐々木 「そう対バン」

エ・ビル 「7月にね。まさか対バンできるなんて思ってなかったし」

佐々木 「思ってなかった」

エ・ビル 「なんか本当に、結構でもファンの皆さんから一緒にライブやってほしいみたいな」

佐々木 「うん、私にも届いてたぐらいだから」

エ・ビル 「だよね」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「それが凄い多くって今回その対バン一緒にやることができて」

佐々木 「(拍手)」

エ・ビル 「もう本当に嬉しかったし」

佐々木 「ありがたかった」

エ・ビル 「私から・・・ちゃう・・・あの、聞い、聞いたのね」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「ひなたちゃんから聞いたのは本当にセットリストが」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「「え、私のためかな~」みたいなセットリストだったって言ってて本当に神がかってて」

佐々木 「うん(拍手)」

エ・ビル 「で、ライブをさあやっぱ観ることってなかなかできないじゃない」

佐々木 「そうできない」

エ・ビル 「フェスとかで一緒だった時とかは観れたりとかするけどなかなか観れないから本当に開演時間になって送り出して上行って観てたんだけど」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「あなた凄いわね本当に。パフォーマンスと今のこの感じ全然違うじゃない」

佐々木 「ね、本当全然違うの。どうにかしたいの。困っちゃう」

エ・ビル 「でもそれがまたギャップですっごい格好良かった。本当になんか無双してたよ」

佐々木 「うそ」

エ・ビル 「本当」

佐々木 「あの時はリーダーさん(=竹内朱莉さん)がお休みで一応「うちが引っ張んなきゃ」みたいな。「私が」みたいな感じで気合入ってたのね。しかもエビ中さんと初めての対バンライブってことでやっぱ気合十分に入ってたんで」

エ・ビル 「逆に」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「エビ中のライブを観てリカはどうだったの?」

佐々木 「(拍手)。いやもう、なんなら私ハロー入る前に普通にエビ中さん見てて」

エ・ビル 「うん」

佐々木 「いやだって普通に見てた勢だから私からしたらありえない話で「うそ!」みたいな。「ありえない!」みたいな感じでやっぱ格好いいなっていうのもそうだし楽曲がやっぱ大好きなんで、そのアンジュルムのメンバーの川村文乃ちゃんと二人で「フゥ~」みたいな感じ」

エ・ビル 「あれあなたなんで、なんかで泣いてたんでしょ?」

佐々木 「泣いてた。何で泣いたっけ。あ、そうひなの歌」

エ・ビル 「『紅の誌』ね」

佐々木 「そう。あ(笑)」

エ・ビル 「ひなの歌はいつも歌っているよ」

佐々木 「あ、そう(笑)」

エ・ビル 「フィーチャーされてる・・・」

佐々木 「そう、そうそうそう」

エ・ビル 「『紅の詩』」

佐々木 「が、大好きでもう泣いたよね」

エ・ビル 「あの泣く曲じゃないんですよ」

佐々木 「そうそうそうそう」

エ・ビル 「泣く曲じゃないのに」

佐々木 「初めてひなの歌声っていうのをこんなに間近で浴びたからやられたのよ」

 

エ・ビル 「あ、ちょっと待って」

佐々木 「何?何?」

エ・ビル 「こんなのなんかちょっと見えちゃった」

エ・ビル 「あなたちょっとなんかひなたちゃんに言いたい事あるけど言えてない事とかない?なんかこの際だからさあ」

佐々木 「ある」

エ・ビル 「言っちゃいなよ」

佐々木 「えっとなんか(笑)、ひなって必ず誕生日プレゼントをくれるんだけど」

エ・ビル 「うん」

佐々木 「2つもらっててね、うん、そう、ピアスとね服をね頂いたんです」

エ・ビル 「うんうんうん」

佐々木 「本当にありがたい」

エ・ビル 「うん」

佐々木 「でも・・・大切なひなから貰った物だからなんか失くしたくもないし汚したくもなくてあまり使えてない」

エ・ビル 「使えよ!」

スタッフ 「(笑)」

エ・ビル 「使えよ!」

佐々木 「ごめん!本当にごめん!」

 

エ・ビル 「ちょっとねコーナーに行こうと思ったの。”叱ってエ・ビルちゃん”ってやつ」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「行こうと思ったんだけど、なんかあなたやらかしエピソードもないし、叱られる、私が叱るコーナーなんだけど、なんかそういうことが無いらしくて」

佐々木 「たぶんね周りに訊けばある」

エ・ビル 「あ、周りに訊けばあんの?」

佐々木 「うん私は無いって言ってる自分で(笑)」

エ・ビル 「あなたが無いなら無いからもうカットしますこのコーナーは」

佐々木 「(笑)」

エ・ビル 「じゃあ次、コーナーちゃんとやります」

佐々木 「はい(拍手)」

エ・ビル 「ここで占いコーナー」

佐々木 「イエーイ!(拍手)」

エ・ビル 「当たるも八卦当たらぬも八卦。エ・ビルちゃんの妄想占ーい」

佐々木 「やった(拍手)」

エ・ビル 「私エ・ビルがね個人的に気になった誕生月と血液型から明日の運勢を勝手に想像するだけのコーナーだけど、もう占うのは5月のA型の人です」

佐々木 「ウチやん!」

エ・ビル 「あなたのコーナーよ、あなたのための」

佐々木 「(笑)」

エ・ビル 「5月のA型の人ですよ」

佐々木 「はい」

エ・ビル 「5月のA型明日はねえ、たぶんなんか青系のお洋服着て行きそうだなって思うし、楽しい事がいっぱいあってひなたちゃんに「えー好き」って送ってると思う。なんかLINEとかで「えー好き」って」

佐々木 「(笑)。バラすな」

エ・ビル 「(笑)」

佐々木 「ごめんなさい」

エ・ビル 「ひなたちゃんも「えー好き」って送ってると思う」

佐々木 「(笑)。お互いちょっと好き好きLINEが来るかもしれない」

エ・ビル 「どう?この占いは」

佐々木 「え、面白い」(←棒読み)

エ・ビル 「思ってるか?(笑)。思ってます?」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「そういえばリカはね私にね会いに来たのよね。まさか告知ではないよね」

佐々木 「そ、そうなんです実は2コお知らせがあって」

エ・ビル 「ニヤニヤすんな!」

佐々木 「すいません」

エ・ビル 「ニヤニヤすんな!」

佐々木 「2コありまして私達アンジュルムは10月19日に新曲をリリースさせて頂きました」

エ・ビル 「イエーイ(拍手)」

佐々木 「ありがとうございます。『悔しいわ』と『Piece of Peace~しあわせのパズル』この2曲なんですけど、『悔しいわ』流して頂けるということで」

エ・ビル 「はい」

佐々木 「どうぞ(笑)。あともう1コ、今ホールツアーを周っていまして、で、千秋楽が11月の30日の日本武道館公演になります。是非私達に会いに来て頂きたいなと。ひなも会いに来てくれたら」→指輪が落下

佐々木 「飛んでった(笑)」

エ・ビル 「飛んでったよ。何?」

佐々木 「指輪が飛びました」

エ・ビル 「取りに来て」

→スタッフから受け取る

佐々木 「ありがとうございます」

エ・ビル 「じゃあちょっともう1回ミュージックビデオのフリだけすいませんあまりにもすごいあのー言ったら雑だったんで。どうぞ」

佐々木 「いつもこうなんです」

エ・ビル 「じゃあお願いします」

佐々木 「アンジュルムの新曲『悔しいわ』。どうぞ」

→『悔しいわ』のMV

エ・ビル 「いやなんなんだろうねこのアンジュルムさんの格好良さとか熱さっていうの?熱さみたいなたぶんハロー1じゃないかなって思ってるの」

佐々木 「ライブ観たらなんかより感じるかもしれない」

エ・ビル 「あなた、なんか本当パフォーマンス本当になんかバケモンみたいよね、なんか良くて。良いね良いね良い」

佐々木 「良い」

エ・ビル 「良いバケモン」

佐々木 「あ、ビックリしたバケモンなんて言われちゃった本当に(笑)」

エ・ビル 「バケモノ級に凄い。パフォーマンスすることって絶対リカは大好きじゃない」

佐々木 「うん大好き」

エ・ビル 「それがもうステージから伝わってくるっていうのがファンにとっては嬉しい」

佐々木 「なんか伸び伸びできてるのもそれを受け入れてくれてるファンの皆さんのおかげだなと思います」

エ・ビル 「そう、それは、それは。また全国ツアーもねさっき言ってたけど」

佐々木 「そう」

エ・ビル 「やってるし」

佐々木 「周ってますわ」

エ・ビル 「体調気をつけてね本当に」

佐々木 「ね、本当にね私最近体調崩しがちなので」

エ・ビル 「気をつけて」

佐々木 「ちょっと気をつけちゃおうかな(笑)」

エ・ビル 「気をつけちゃおうかな?」

佐々木 「なんか凄く軽く感じるわ(笑)。絶対気をつけます」

エ・ビル 「気をつけてね」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「そろそろちょっと番組が終わりなんですけど」

佐々木 「あ、そうなの?寂しい」

エ・ビル 「寂しい?」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「楽しんでもらえた?」

佐々木 「めっちゃ楽しかった」

エ・ビル 「もう本当普通の会話してだけ」

佐々木 「(笑)」

エ・ビル 「テレビ的に大丈夫かなって(笑)」

佐々木 「ね、こんなの初めてだったかもしれない」

エ・ビル 「ね、こんな・・・ただ二人が仲良く喋ってるだけの」

佐々木 「ね」

エ・ビル 「ね。リカまた遊びに来てね」

佐々木 「はーい」

エ・ビル 「あとひなたちゃんがご飯すぐ、すぐにって」

佐々木 「うん。そうお互いマッシュポテト食べに行こうね」

エ・ビル 「そうマッシュポテト食べに行こうね」

佐々木 「大好きだもんね」

エ・ビル 「うん」

佐々木 「うん」

エ・ビル 「じゃあそれ伝えとくねマッシュポテト」

佐々木 「伝えといて」

エ・ビル 「うん。じゃあ今日はありがとう」

佐々木 「ありがとう」

エ・ビル 「またね」

佐々木 「バイバーイ。イエイイエイ」

 

中澤裕子さんインタビュー

なっちがホテルに籠城!?中澤裕子さんが語る今だから明かせるモー娘。(秘)エピソード7(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

鞘師里保さんインタビュー

「もうちょっと失敗していこうと思った」鞘師里保が感じるようになった“自由”の形 | ENTAME next - アイドル情報総合ニュースサイト

 

工藤遥さんインタビュー

料理も演技も、自分の直感を信じてアレンジーー工藤遥さんのおうちごはん | アイスム

 

川村文乃さん・為永幸音さんインタビュー

【TV Bros. WEB】 ハロプロの個性豊かなアイドルグループ・アンジュルム登場!!「たくさんの方々に共感していただけたら」【前編】

 

*Juice=Juice2023年カレンダー撮影終了

 

*松永里愛さん・江端妃咲さん・遠藤彩加里さんインタビュー

Juice=Juice 「全部賭けてGO!!」の歌詞に見合った私達になりたい Interview – W online


 *Juice=Juiceメンバーが新曲についてコメント

 

岸本ゆめのさん・福田真琳さん・豫風瑠乃さんインタビュー

OCHA NORMA米村姫良々&西崎美空、ギャルに大変身 自己採点は“100点&90点” (1) - OCHA NORMA、バラエティでも輝くアイドルへ(7) | マイナビニュース

 

*米村姫良々さん・西﨑美空さんインタビュー

OCHA NORMA米村姫良々&西崎美空、ギャルに大変身 自己採点は“100点&90点” (1) - OCHA NORMA、バラエティでも輝くアイドルへ(7) | マイナビニュース

姫良々ちゃんのギャルの格好が似合い過ぎてる(^_^)
 
つんく♂さんからの楽屋暖簾
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

矢島舞美(@maimiyajima_official_uf)がシェアした投稿

私が共演者だったら前を通るとき緊張します。

20年ぶりぐらい

*関内デビル(tvk 10月28日)

出演:太陽とシスコムーン信田美帆さん・稲葉貴子さん・小湊美和さん)

MC:大場英治さん、加村真美さん、柏木ひなたさん(※この番組での呼び名は翔陽)

加村 「本日も太陽とシスコムーンのお三方に来て頂きました。よろしくお願いします」

小湊&稲葉&信田 「お願いします」

大場 「本当色んなお話を聞かせてもらったし翔陽との成り立ちみたいなのもね色々と聞かせて頂いて」

加村 「ね」

翔陽 「・・・・・」

加村 「(笑)」

大場 「なんにも言わないんですね」

翔陽 「ここまで自分人間って機能しないんだなーって」

大場 「なーって。なーって」

出演者 「(笑)」

翔陽 「改めて思いました」

大場 「せっかくなんでおそらくデビル見てる皆さんも「あーASAYAN。そういえばASAYANだったよね」みたいな感じで盛り上がってると思うんで、アンケートでASAYANのオーディション。印象に残ってること伺ってみました」

加村 「はい」

翔陽 「”常にカメラが回っているのは勿論ですが・・・”」

稲葉 「何書いたかなと思ったんですけど、カメラも回ってるし、あとだからもう本当にビックリさせられることばっかりで常に。だから本当に何も教えてもらえないので」

大場 「うんうんうん」

稲葉 「で、例えばASAYANの収録とかも台本もないですし」

大場 「うん」

稲葉 「楽屋に。一切だからもうなんの情報もない」

大場 「無く」

稲葉 「で、例えばスケジュールも次の日のスケジュールも、しばらく教えてもらえなかったですし、だから数日後私達何が私達やるのかどうかも分からないような。だから凄い本当に徹底ぶりがもの凄くって」

大場 「はいはいはい」

小湊 「次の日のスケジュールが始まっても教えてもらえない理由は次のASAYANで新し発表があるからなんです」

大場 「おー」

小湊 「それが何かも分からないし」

大場 「ほおほおほお。その放送っていうか発表あってそれを見て本人達もそれを初めて知るってことですね」

小湊 「の、時もありますしスタジオ収録に行って衣装も着てメイクもしてスタジオ行くけど何するか分からなくて」

大場 「へえー」

小湊 「(→後ろにモニターがあるっぽく)バンッ」

稲葉 「そうそうそう」

信田 「(頷く)」

小湊 「ドンッドンッみたいな」

大場 「ええ、ええ」

小湊 「っていうの毎週それ」

大場 「でも確かにそうでしたよね。なんかね」

小湊 「それがガチのガチ。「本当は知ってたんでしょ?」って思うんじゃないですか」

大場 「はいはいはい」

小湊 「本当に知らない」

大場 「へえー」

小湊 「顔が逆に表情出せなかったりとかしてビックリもできないっていうか、なんか引きつっちゃう」

出演者 「(笑)」

稲葉 「そう確かに確かに」

小湊 「驚かなきゃいけないのに驚けないぐらい」

稲葉 「うんうん」

大場 「はいはいはい」

小湊 「本当に名前発表された時ですよ」

大場 「はい」

小湊 「ユニット名が決まりました。バンッ、”太陽とシスコムーン”って言われた瞬間にみんななんか「はっ?」みたいな」

出演者 「(笑)」

小湊 「「えー!」とか「わー!」とか「凄い!」とか「嬉しい!」とか」

大場 「テレビ的には1番盛り上がりたいところですよね」

小湊 「「え?どういうこと?」みたいな(笑)」

大場 「(笑)」

小湊 「”と”って何と?みたいなのが全員顔が出てるのがガチ中のガチ」

大場 「へえーでもそういうのがやっぱりそのおそらく作ってる人は撮りたかったっていうか作りたかった」

小湊 「そう言ってましたね」

 

大場 「まあまあまあそんなわけでございまして、えーっとですねじゃあちょっとここでお知らせがあるということで。じゃあお願いします」

小湊 「私達11月4日になるんですけれども、場所はVeats Shibuyaで行なわれるイベントにゲスト出演致します」

大場&加村&翔陽 「(拍手)」

稲葉 「はい、で、これがえーっと、445Nightこれ今すいません私達も着ています」

大場 「うわー可愛い」

稲葉 「可愛いですよね。本当にハロプロの振り付けをずっとして下さってるYOSHIKO先生っていう方がいらっしゃるんですけどその方が主催するイベントでして。それを是非皆さんにも楽しんで頂きたいなと思います」

大場 「なるほど」

 

大場 「まあまあまあそんなわけでございまして1週間お届けしましたけども」

加村 「お三方もお話も凄く面白くて楽しかったんですけど、やっぱり翔陽がこんなに変になってる翔陽見るの初めてなぐらい」

→翔陽さん後ろを向いて涙を堪える

加村 「凄く愛が伝わってきてなんかいい素敵な関係だなって思いました。大丈夫?(笑)」

小湊&稲葉&信田 「(笑)」

大場 「お母さんに怒られたあと河原で泣いている少年みたいな感じになってるけどね」

加村 「いや本当素敵ですよ。あと小湊さんの”今年残すところあと2か月ですが今年やっておきたいこと”。”柏木ひなたのいる私立恵比寿中学を見守る”」

大場 「母として」

小湊 「母として」

加村 「めちゃくちゃ素敵です。(翔陽)どうした?(笑)」

大場 「ちなみに今泣いてますね」

翔陽 「(首を振る)」

大場 「じゃあちょっと正面向いてもらっていいですか」

翔陽 「「→振り向いて)全然泣いてない」

大場 「全然泣いてないですよね」

翔陽 「全然泣いてないです」

大場 「そんなわけでございまして、お三方いかがでした?今回1週間」

小湊 「楽しかったです」

稲葉&信田 「楽しかった」

信田 「あっという間の1週間だった」

加村 「確かにあっという間」

稲葉 「でもまさかね、でもうちらでこうやって出演させて頂くことなんてもう・・・」

小湊 「20年(笑)」

稲葉 「20年ぶりぐらい」

加村 「へえー」

大場 「そうなんですか」

稲葉 「はい」

小湊 「普段活動してないのにね」

信田 「10周年とか20周年みたいなのでイベントはするんですけどこうやってゲストで3人で出るってことがなかったので」

大場 「へえー。じゃあまた是非機会あれば是非遊びに来て頂きたいと思います。と、いったわけで1週間ありがとうございました。太陽とシスコムーンのお三方でございましたー」

小湊&稲葉&信田 「ありがとうございました」

 

アップトゥボーイ Vol.321

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

横山玲奈(@reina_yokoyama.official)がシェアした投稿

ブラックスワンかっこよすぎ。 加賀楓 | モーニング娘。’22 13期オフィシャルブログ Powered by Ameba

かえれな2ショットが見られるとは。感涙です。

 

Tarzan 岸本ゆめのさん

つばきファクトリー岸本ゆめの 『Tarzan (ターザン) 背筋力チャレンジ。』取材に密着! - YouTube

#自分にフッ軽 岸本ゆめの | つばきファクトリー オフィシャルブログ Powered by Ameba

かなり鍛えないとこの身体にはならないはず。普段凄く努力されているのが分かりますね。

 

宮城県気仙沼市ふるさと納税パンフレット 佐々木莉佳子さん

 

*ハロステは段原瑠々さん&広本瑠璃さん

がががががむしゃら 段原瑠々 | Juice=Juiceオフィシャルブログ Powered by Ameba

今週配信のハロステのMCは段原瑠々さんと広本瑠璃さんの広島県コンビ。いつか見たいと思ってた2ショットが実現して嬉しいです。 

 

川村文乃さんがゆずの木のオーナーに

北川村文乃の木 川村文乃 | アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba

#ゆず活2022 まるごと高知 ゆず活アンバサダー、ゆずの故郷を訪問! - YouTube

私もこのロケでゆずの木のオーナー制度があるのを知りました。かわむーとスタッフさん、ゆずに関する新たな知識を増やすきっかけを与えてくださってありがとうございます。

 

*昨日のモーニング娘。'22パシフィコ横浜公演

『~SINGIN' TO THE BEAT~♡横浜公演♪*゚』牧野真莉愛 | モーニング娘。‘22 12期オフィシャルブログ Powered by Ameba

鈴木愛理さん、鞘師里保さん、工藤遥さんと女優の加藤小夏さんが観覧。仲間と会えて嬉しそう。2回公演お疲れさまでした<(_ _)>

すももでCanCam

*ミュージックブレイク(テレビ東京 10月28日)

出演:青柳佑芽さん

ゲスト:Devil ANTHEM.の橋本侑芽さんと竹越くるみさん

青柳 「メンバー同士で意外な事とかってあったりしますか?」

竹越 「侑芽ちゃんはこんなに顔が可愛くてスタイルも良くて170・・・?」

橋本 「171」

竹越 「171です。もう抜群のスタイルですけど」

橋本 「いえいえ」

竹越 「本当に食べ物の好き嫌いがハッキリしていてキノコだったりグリーンピースだったりトマトだったり結構野菜全般がちょっと結構嫌いで食わず嫌いもあるんですよ」

青柳 「あー」

橋本 「最近は野菜もろもろ食わず嫌いを直そうと思っているんですけど、やっぱり拒否反応出ちゃって」

青柳&竹越 「(笑)」

橋本 「でもトマトを少し食べれるようになりました」

青柳 「わー凄い。成長」

橋本 「成長しました」

青柳 「でも野菜ってある時突然食べれるようになったりしますよね」

橋本 「あります」

竹越 「そうですよね」

青柳 「今まで苦手だったけど急に「あれ?なんか意外と美味しいかも」みたいな日が来るかもしれない」

橋本 「大人になったら」

青柳 「大人になったら」

橋本 「大人になります(笑)」

 

橋本 「私はくるみちゃんがデビアンの中ではみんなからボスって呼ばれてるんですけど、なんか凄い気にしいなところがあって」

青柳 「へえー」

橋本 「デビアン最近TikTokを始めたんですよ。その時になんか「アンチが来たらやめる」みたいなこの前言ってて」

青柳 「(笑)」

橋本 「1番弱い(笑)」

竹越 「1番アンチが怖くてメンバーの中で。100人に可愛いって言われても1人に不細工って言われたら鏡見るたびとか「・・・・・」ってなっちゃうんですよ」

青柳 「うんうんうん」

竹越 「アンチがつくようなくらい凄いおっきいグループってわけじゃないのでこれからおっきいグループを目指そうっていう時にアンチが怖いとやっぱダメだなあと思って」

青柳 「でもそれもまたギャップですね」

竹越 「(笑)」

青柳 「私も喋ってるうちに段々応援したい気持ちが凄く(笑)」

橋本&竹越 「(笑)」

 

CanCam 北原ももさん・田代すみれさん

CanCam初登場!☘️ 北原もも | OCHA NORMAオフィシャルブログ Powered by Ameba


OCHA NORMA最新衣装の制作動画がup。今年最も好きな衣装です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masaki Usami(@masakiusami)がシェアした投稿

 

川村文乃さんがゆずの故郷を訪問

#ゆず活2022 まるごと高知 ゆず活アンバサダー、ゆずの故郷を訪問! - YouTube

腰も足も細くていつ見てもビックリします。あの細い体のどこに激しいパフォーマンスする力が蓄えられてるのか不思議。かわむーは好奇心旺盛で活動的なのでロケの仕事は向いてると思います。今回も約10分の動画を最後まで楽しく見ることができました。

 

加賀楓さん考案の振り付けで

作ったよ。 加賀楓 | モーニング娘。’22 13期オフィシャルブログ Powered by Ameba

The 摩天楼ショー/モーニング娘。 - YouTube

SONGS/モーニング娘。 - YouTube

セクシーキャットの演説/モーニング娘。’16 - YouTube

メンバーと曲の良さを引き出す振り付けも凄いしそれをしっかりと表現するメンバーも凄い。こんな才能あるかえでぃーが卒業するのが本当に惜しいです。 

  

真野恵里菜さんと譜久村聖さんが再会

真野恵里菜 公式ブログ - やっと会えたふくちゃん🤍 - Powered by LINE

真野ちゃんんん☆譜久村聖 | モーニング娘。‘22 Q期オフィシャルブログ Powered by Ameba

真野さんが日本に居るのは日にちが限られてるから時間合せるの大変だと思います。昔からの友人と過ごすひと時はかけがえのないものですね。